兵庫丹波グリーンツーリズムガイド

耳よりアクティビティ

丹波もりびとニュース

                   

 市島町と春日町にまたがる「小富士山」(標高231㍍)の市島町側(梶原自治会)を、県内各地で森林保全のボランティア活動に取り組むNPO法人「ひょうご森の倶楽部」(神戸市)が整備を続け16年になる。毎月第1日曜にメンバー5人ほどが来丹し、これまで市島町側から山頂に至る登山道を整備するなど、人が山に親しめるよう力を尽くしている。


                  

 西紀南地区の拠点施設「みなみ・ほっと・サロン」(黒田)を会場に、小・中学生を対象にした学習塾「にしき寺子屋塾」が開講した。運営するのは、今年から同地区で新規就農したUターンの髙橋俊さん(23)=河内台=とIターンの大坂宇津実さん(23)=黒田。「『仕事がないから』というU・Iターンの課題を、自分たちが起業する姿を見てもらうことで解決したい」と話している。


                 

 よみがえれ、地域のシンボル―。樹勢の衰退が著しい篠山市春日江(65戸)のカヤ(イチイ科の常緑針葉樹)の巨木が現在、樹木医による治療を受けている。樹木医は、環境悪化による水不足で根が衰弱していることが主な原因と診断。治療4日目となる6日の作業では、根を活性させる土壌改良を中心に汗を流した。依頼主の春日江自治会の中野光司会長(65)は、「長きにわたり春日江の歴史を見てきた私たちの宝。代々、住民たちはこの木を眺めて暮らし、愛着もひとしお。元気になってこれからも末永く村を見守ってほしい」と願っている。(太治庄三)


丹波の天気

Login

ユーザー名:
パスワード:
パスワード紛失