兵庫丹波グリーンツーリズムガイド

耳よりアクティビティ

丹波もりびとニュース

                                             

 丹波焼の若手作家でつくる「グループ窯」のメンバー8人が、篠山市北新町の和菓子店「丹波栗菓匠 大福堂」2階のギャラリー「篠庵」で作品展を開いている。篠山を盛り上げることを目的に、陶器と和菓子のコラボ商品を生み出しているグループと菓匠、2つの業が同じ空間で楽しめる。3月19日まで。
		

                                            

 篠山市には、機動力や鳴き声を生かして、サルによる農作物の被害から農地を守る追い払い犬「モンキードッグ」として活躍する犬たちがいる。同制度は県が認定するものだが、現在、実働しているのは篠山市のみ。プロのトレーナーの指導を受け、主人や地域の人たちが育てた野菜を守るため、犬たちが〝犬猿の仲〟を生かして日々奮闘している。  制度スタートから引退した犬もいるが、現在も15頭が活動。犬種は柴犬やミックスからシュナウザー、ゴールデン・レトリバー、屋久島犬に甲斐犬などとさまざまだ。
		

                                           

 新春恒例の今田元旦マラソンが1日、今田町上立杭のつぼねがさ交流館を発着点とする折り返しコースで行われ、延べ約160人が“走り初め”を楽しんだ。

 今田体育振興会を中心に組織した実行委員会(西嶋富康委員長)の主催。3㌔のレギュラーコースに約35人、1㌔のらくらくコースに約125人が出場した。参加者たちは冬晴れの下、それぞれのペースでゴールを目指した。また、駅伝の名門、西脇工業高校陸上部の3年男子生徒11人が招待選手として参加。鍛え上げた走りを披露したほか、子どもランナーの伴走をするなど行事を盛り上げた。走り終えた参加者らは、地元のボランティアがこしらえたうどんなどで体を温めた。


丹波の天気

Login

ユーザー名:
パスワード:
パスワード紛失