兵庫丹波グリーンツーリズムガイド

咲き誇る桜、目を引くツツジ…春の花めぐり

 「花を愛でる」という言葉で多くの方がまず連想するのが桜の花。丹波・篠山地域でもたくさんの桜の名所があります。篠山市北新町の篠山城跡周辺では豪奢な桜が見られます。毎年4月にはさくらまつりが開かれ、夜にはぼんぼりが点灯し、ライトアップされた桜も楽しめます。

篠山市本郷のつつみ峠では、傾斜地に咲く桜を、心地よいドライブと共に楽しむ人が多くみられています。

丹波市柏原町の鐘ヶ坂公園は、江戸時代の絵師である安藤広重の「六十余州図絵」にも描かれている桜の名所です。

また、カタクリの花は、春の訪れを告げる妖精のような存在だといわれています。丹波市氷上町の清住カタクリ園では、花のじゅうたんのように一面に咲くカタクリの花が、来た人を和ませてくれます。
花めぐり春カタクリ

もう一つ、丹波篠山地域での春の花として多くの人に愛でられているのが、キリシマツツジ。

 丹波市氷上町成松にある一の宮神社のキリシマツツジはとくに有名で、樹齢が推定200年以上という古いものをはじめとした数十株が群生。5月上旬には真紅の花々が境内を埋め尽くします。

また地元の「一の宮会」による「きりしままつり」も同時期に開催され、多くの人が訪れます。


一の宮神社 きりしままつりのご案内 丹波市観光協会HPへ

花めぐり春キリシマツツジ


Login

ユーザー名:
パスワード:
パスワード紛失