兵庫丹波グリーンツーリズムガイド

    

 丹波年輪の里(柏原町田路)で29、30の両日、「丹波ウッドワーカーズクラフト」(丹波ウッドワーカーズ主催)が開かれる。3回目の今回は、作家自慢の作品を即売する逸品オークションを初めて開催する。各作家のブースで、来場者が購入したい好みの作品と値段を投票用紙に記入し、一番高値を付けた人に品物が渡るという試みが話題を集めそう。

 木工作家で作る丹波ウッドワーカーズ代表で、自由工房「風箱」の小泉匡さん(45)=氷上町朝阪=は、「作品を通じ、お客さんとの対話、交流を大切にしたいという思いからオークションを企画した。手づくりの良さを味わってほしい。フードコーナーで、食も楽しんで」と話し、PRに力を入れている。

 両日は、丹波市や篠山市のほか、近畿や岡山などから34人の木工作家が集まり、作品を持ち寄って展示、即売するほか、実演や体験コーナーもある。木の年輪と会場の年輪の里をイメージし、緑を基調にした季節感あふれるポスターも手作りした。「年輪を重ね続けていきたいという願いを込めた」という。各ブースには、椅子、家具、アクセサリー、食器のほか、手工芸品などの作品を並べる。

 フードコーナーでは、丹波地域で営業するお店が出張し、地元素材のスイーツ、丹波鹿肉担々麺、燻製ウインナーなどのおいしい味を提供する。足立宏司丹波年輪の里館長は、「丹波年輪の里の30周年を飾る目玉イベント。木工の里丹波を発信していきたい」と話している。29日は午前10時―午後5時、30日は午前9時―午後4時。

 29日から5月7日までは、木工作家15人による椅子30脚を展示する「座っ展2017」も開かれる。午前9時―午後5時(最終日午後4時)。5月1日休館。

 丹波年輪の里(0795・73・0725)。

 

 

 

(写真)丹波ウッドワーカーズクラフトをPRする作家や丹波年輪の里の職員=柏原町田路で

 

丹波新聞より

 

Login

ユーザー名:
パスワード:
パスワード紛失