兵庫丹波グリーンツーリズムガイド

                                     

 篠山東雲高校(奥田格校長)の生徒たちが実習を通して育てた肉牛が11月24日、神戸市中央卸売市場西部市場で開かれた「篠山市肉牛共励会」(JA丹波ささやま主催)で、牛肉の格付け最高ランクの「A5」を初めて獲得した。

同共励会を担当した同JA営農販売課、木村誠宏係長(45)は、「牛を触ったこともない生徒がほとんどだったと思うが、これほどまでの好結果を出されたことに感心する。だいぶ苦労もされたと思うが、これからも学びを深めてほしい」と話している。

 同校の生物利用類型の3年生(5人)が中心となって2年間育ててきた但馬牛。生後32カ月の去勢雄で、名前は「義丸」だが、生徒たちは「大福」の愛称で親しんできた。

 枝肉重量で約390㌔。東京の仲買業者が約161万円で競り落とした。市場では「神戸牛」として流通する。

 仔牛を淡路から購入。同類型の生徒たちが2年間にわたり、毎日全身にブラシを掛けたり、体調チェックなどをしてきたほか、週に1度、散歩をさせるなど、手塩にかけてきた。

 同校は分校時代の2009年から毎年、共励会に出荷しており、これまでの最高位は昨年の「A4」ランクだった。

 意欲的に大福の世話に携わった生徒の山鳥滉生君(篠山東中出身)は、「2年間大切に育ててきた甲斐があった。想像以上の結果にうれしさを感じるが、同時にいなくなってしまった悲しさもあり、複雑な気分」と話している。

 同類型を担当している田中裕章教諭(32)は、「愛情を持って育てた牛が良い結果をもたらしてくれたことで、生徒たちは命の大切さややりがいを感じ、自尊心も芽生えたのでは」と話している。

 同共励会には篠山市内の畜産農家9軒が31頭を出荷、そのうちの15頭がA5を獲得した。最優秀賞には田中久工さん(味間奥)が、優秀賞には木村善孝さん(大熊)と岸本進さん(小多田)が輝いた。

 

 

 

 

(写真)肉牛共励会で最高ランクのA5を獲得した「義丸(大福)」と、育ててきた東雲高の生徒たち=篠山市福住で

  丹波新聞より

 

 

 

Login

ユーザー名:
パスワード:
パスワード紛失