兵庫丹波グリーンツーリズムガイド

                                            

 篠山市には、機動力や鳴き声を生かして、サルによる農作物の被害から農地を守る追い払い犬「モンキードッグ」として活躍する犬たちがいる。同制度は県が認定するものだが、現在、実働しているのは篠山市のみ。プロのトレーナーの指導を受け、主人や地域の人たちが育てた野菜を守るため、犬たちが〝犬猿の仲〟を生かして日々奮闘している。  制度スタートから引退した犬もいるが、現在も15頭が活動。犬種は柴犬やミックスからシュナウザー、ゴールデン・レトリバー、屋久島犬に甲斐犬などとさまざまだ。

 細見昌宏さん(62)=篠山市県守=は、愛犬にモンキードッグの訓練を受けさせている一人。2016年1月から訓練を始め、今春の“デビュー”を目指している。  自宅のある県守は、サル群の通り道とされる。電気柵を張りめぐらせているものの、自身の畑を荒らされ、集落内のクリ、カキ、吊るし柿なども狙われた。隣の集落にモンキードッグがいることを知り、愛犬「小鉄」(1歳、オス、甲斐犬)も仲間入りをと、訓練を受けることにした。  月2回ほど、トレーナーによる訓練があり、「待て」「座れ」などを繰り返し行う。“宿題”を持ち帰り、家でも訓練する。  日課は朝晩の散歩。リードでつないだ状態ながら山すそを歩くようにしている。犬の毛やおしっこがシカ対策になると聞いたからだ。モンキードッグの認証を受ければ、サル群れを発見した際に、リードを離すことが可能になる。  もう一頭、「力丸」(6カ月、オス、甲斐犬)を飼っており、同じように訓練を受けさせるつもりだ。「犬でサルを捕まえることはできない。せめて早く通り抜けてもらうように、モンキードッグが地域に貢献できれば」と話している。 (写真)訓練する細見さんと、愛犬の「小鉄」=篠山市大上で

  丹波新聞より

 

 

  

Login

ユーザー名:
パスワード:
パスワード紛失